東京・大江戸特集

かつての江戸の街とは、400年〜135年ほど前の東京です。今回の特集では、江戸の頃の面影を残す商品を色々集めてみました。

今から400年ほど前の東京「江戸」の世界観

日本のイメージを挙げるとすると何を思い浮かべますか?「侍」「浮世絵」「忍者」「着物」「歌舞伎」...?これらはそのほとんどが、江戸時代の頃の文化や芸術・伝統のイメージでしょう。今回は今の東京が江戸だった頃にタイムスリップしてその頃のエキゾチックで魅力や今でも伝わる品々を紹介します。

  • 春:江戸の時代も桜を楽しんでいました

    春:江戸の時代も桜を楽しんでいました

    上流階級の楽しみだった花見は、江戸時代になると庶民も楽しむようになりました。今の上野や隅田堤(すみだづつみ)、飛鳥山(あすかやま)、品川の御殿山(ごてんやま)が有名な名所でした。当時の桜は山桜といい、桜の花と葉が混じる咲き方の種類でした。現在一般的なソメイヨシノのように花が満開に咲きほこる姿とは少し違う景色だったようです。

  • 夏:日本人が大好きな花火大会は江戸時代に始まりました

    夏:日本人が大好きな花火大会は江戸時代に始まりました

    7月、8月のイベントといえば日本中で花火大会が催されます。そして、東京の花火大会といえば隅田川です。花火大会は、江戸の時代にこの隅田の花火大会から始まりました。今でも花火が上がると「ターマヤー」「カーギヤー」とどこからか掛け声が聞こえてきますが、これは当時の花火を製造している店の名前です。「鍵屋(かぎや)」、と「玉屋(たまや)」がその技を競い合っていたので、その賞賛の意味で掛け声が上がったそうです。

  • 秋:紅葉の紅葉を眺めて楽しむ「紅葉狩り」

    秋:紅葉の紅葉を眺めて楽しむ「紅葉狩り」

    品川の海晏寺や浅草の正燈寺が紅葉の名所として親しまれていました。10月は、旧暦和名では「神無月-かんなづき」と呼ばれます。これは日本中の神様達が出雲に集まる月とされ、つまりは神様がいない月という意味でした。そのため江戸でも神社のお祭りなどはほとんど行われない月でした。その代わり紅葉を見て楽しんだということです。

  • 冬:寒い冬を乗り越える工夫

    冬:寒い冬を乗り越える工夫

    東京の冬は雪はそれほど降りませんが、とても寒く風も冷たいのが特徴です。江戸の時代も同じように寒かったので、当時の人々は火鉢か炬燵(こたつ)行火(あんか)などで温まりました。このように、当時は贅沢を禁止して倹約を求められる時代でしたが、その中で庶民の人々は色々な工夫をして楽しみを見つけていました。

おすすめカテゴリー

江戸といえば?おすすめPICKUP!

歴史と技を継ぐ伝統の一品

江戸の美味しいもの

浮世絵 複製画

江戸関連グッズ

関連する過去の特集

キャンペーン実施中!!